電気主任技術者は一生食べるには困らない資格

電気主任技術者をまだ知らないなら

第3種からある電気主任技術者は一生食べるには困らない資格でもある

電気主任技術者メイン画像

電気主任技術者は一生食べるには困らない資格

電気工学科の同期生だった私の友人が、大学卒業後に第1種の電気主任技術者の国家試験を受験して合格している。

まあ、父親が小さな工場を経営している跡継ぎだったこともあって、必要に迫られて早急に電気主任技術者の資格を取得したようではあるのだけど。

これは極端な例ではあるが、電気主任技術者の資格は第3種からあり、取り扱う電圧によって種類が違うので、種類に合った仕事に従事すればよいのである。

求人サイトを見ていても、大きな工場やビルやエレベーター会社など多くの電気主任技術者の需要があるが、その募集は第1種や第2種ではなく第3種の求人も存在する。


電気主任技術者の求人・転職(参考:電気主任技術者お役立ちサイト)需要は第1種や第2種ばかりではないのだ。

それはどうしてなのかといえば、第1種や第2種の電気主任技術者の資格取得者が1名いたてとしも、実際にその全ての業務を1人でこなすことは不可能といえる。

そのため第3種の資格取得者を置いておくということになるのだ。

電気主任技術者資格の難易度は少し高いかもしれないが、資格取得をしておくと一生食べるには困らない資格でもある。


Google
WWW を検索 電気主任技術者をまだ知らないならを検索
(C) www.clearviewfeed.com. All Rights Reserved.